交通事故と示談金

いくら自分で注意していても、自動車事故にはいつ遭遇するか分かりません。事故に遭遇した場合、その事後処理は示談によって解決することがほとんどです。示談とは、その事故の当事者同士で話し合い、賠償金額を決め、それによって事故を終わらせるというものです。この示談ですが、被害者として注意すべき点があります。そこを見落とすと、相手のペースに巻き込まれ、納得できない示談金で話が進む恐れがあるのです。

示談金は通院費やそれにかかった交通費などの慰謝料を含めた損害賠償金のことで、休業損害や精神的苦痛の代償金としての意味もあります。事故に遭った場合、まずは病院でしっかりと診察してもらいましょう。その場では、興奮状態で痛みを感じないこともあります。後々、怪我が発覚しても手遅れとなりますので、この点は注意が必要です。

保健屋こうした通院や入院を経て、怪我が完治したり症状固定と判断されたら、そこから示談を始めてください。相手からいくら急かされても通院中は決して応じてはいけません。また、診断書や診察料が分かる書類はすべて保管しておきましょう。そして最も重要なポイントですが、示談を行うには弁護士に相談することです。相手は、交渉のプロである保険会社です。個人で交渉すると、相場から程遠い示談金で話をまとめられることもあるのです。相場よりも高い示談金を勝ち取るには弁護士の力が必要なのです。このサイトはこうした交通事故による示談金弁護士について説明します。