示談金請求の流れ

交通事故に遭った場合、ほとんどが示談での決着となります。この示談ですが、結局は示談金というお金での和解という意味になりますが、一方で慰謝料というものもあります。ではこの示談金と慰謝料との違いはどこにあるのでしょう。

診察簡単に言うと、慰謝料とは示談金の一部という解釈となります。慰謝料の意味は、事故による精神的な苦痛に対してのものや、治療費、休業損害などがあり、こういった慰謝料を含めた総合的な賠償金が示談金なのです。この示談金の請求ですが、流れとしては、まずは治療です。きちんと病院へいき、然るべき診断と治療を受けなければいけません。事故当日には痛みがなくとも、翌日に症状が出る場合もあります。必ず病院で診てもらいましょう。

治療を受け、その症状が完治、あるいは症状固定と見なされたら、そこからようやく示談交渉が始まります。事故による損失や賠償を相手の保険会社に請求することとなるのです。そして相手の保険会社との交渉により示談金の額が決まり、被害者がそれを受け入れることで示談は終わります。ただ、気を付けたい点として、示談は一度終わるともうやり直しはきかないということです。示談金の額に不満があったとしても、後から請求はできません。