示談と弁護士

交通事故交通事故に遭い、その後治療に専念し、怪我が完治したり症状固定となれば、そこから示談の話し合いが始まります。ただ、その際何の知識もないまま示談交渉に応じると、相手側の思うがままに交渉が進み、結果、相場よりもはるかに低い示談金でまとまるということも起こりかねません。車の破損、身体的な苦痛、精神的な苦痛、仕事への影響などを考えると、到底割に合わない額で示談が終わることもあるのです。そうならないためにも、示談の際にはやるべきことがあるのです。

交通事故で怪我を負い、通院や入院となった場合、その費用はとりあえずは被害者が持つこととなります。この費用に関しては後から示談金として請求できますので、金額が分かるものは必ず保管しておいてください。もちろん、通院にかかった交通費なども対象となりますので、領収書などは貰っておくようにしましょう。

事故により仕事や学校を休むことになれば、それを証明する資料や書類も必要です。また、怪我が完治せず後遺症として残った場合も同様に、診断書などの書類を保管してください。そして、できることならば、示談の交渉は弁護士に依頼することをおすすめします。それにより示談金の額が大幅に増える可能性があります。示談は、保険会社との話し合いです。それに対抗するには、弁護士を立てるのが賢明とも言えるでしょう。

「参照サイト」交通事故 示談

示談金請求の流れ

交通事故に遭った場合、ほとんどが示談での決着となります。この示談ですが、結局は示談金というお金での和解という意味になりますが、一方で慰謝料というものもあります。ではこの示談金と慰謝料との違いはどこにあるのでしょう。

診察簡単に言うと、慰謝料とは示談金の一部という解釈となります。慰謝料の意味は、事故による精神的な苦痛に対してのものや、治療費、休業損害などがあり、こういった慰謝料を含めた総合的な賠償金が示談金なのです。この示談金の請求ですが、流れとしては、まずは治療です。きちんと病院へいき、然るべき診断と治療を受けなければいけません。事故当日には痛みがなくとも、翌日に症状が出る場合もあります。必ず病院で診てもらいましょう。

治療を受け、その症状が完治、あるいは症状固定と見なされたら、そこからようやく示談交渉が始まります。事故による損失や賠償を相手の保険会社に請求することとなるのです。そして相手の保険会社との交渉により示談金の額が決まり、被害者がそれを受け入れることで示談は終わります。ただ、気を付けたい点として、示談は一度終わるともうやり直しはきかないということです。示談金の額に不満があったとしても、後から請求はできません。

交通事故に遭った場合

車社会の問題として、自動車事故があります。これほど車に依存しているわけですから、事故は日常的に発生しているわけです。いくら自分が安全運転をしていたとしても、相手がいることですので、事故を完全に防げるということはありません。いつどこで、自分が事故に巻き込まれるかは分からないのです。

ギブス信号待ちの際に、後ろからぶつけられたり、あるいは相手が飲酒や居眠りをしてぶつけられるという、こちらに非のない事故に遭遇することがあります。こういった場合、加害者である相手側は保険会社を利用できますが、被害者は保険会社を利用することはできません。つまり、事故後の交渉は自分で行わなければいけないのです

事故による交渉はほとんどの場合、示談となります。示談がまとまらない場合は裁判所にまで持ち込むこともありますが、こういう事例は稀です。この示談ですが、事故により受けた被害を補償するもので、加害者が加入する保険会社との交渉となるのが一般的です。そしてこの交渉次第で、示談金の額が決まってしまいますから、やはり示談は有利に進めたいものです。しかし相手は交渉のプロである保険会社です。相手のペースに巻き込まれてしまわないよう注意が必要と言えるでしょう。

交通事故と示談金

いくら自分で注意していても、自動車事故にはいつ遭遇するか分かりません。事故に遭遇した場合、その事後処理は示談によって解決することがほとんどです。示談とは、その事故の当事者同士で話し合い、賠償金額を決め、それによって事故を終わらせるというものです。この示談ですが、被害者として注意すべき点があります。そこを見落とすと、相手のペースに巻き込まれ、納得できない示談金で話が進む恐れがあるのです。

示談金は通院費やそれにかかった交通費などの慰謝料を含めた損害賠償金のことで、休業損害や精神的苦痛の代償金としての意味もあります。事故に遭った場合、まずは病院でしっかりと診察してもらいましょう。その場では、興奮状態で痛みを感じないこともあります。後々、怪我が発覚しても手遅れとなりますので、この点は注意が必要です。

保健屋こうした通院や入院を経て、怪我が完治したり症状固定と判断されたら、そこから示談を始めてください。相手からいくら急かされても通院中は決して応じてはいけません。また、診断書や診察料が分かる書類はすべて保管しておきましょう。そして最も重要なポイントですが、示談を行うには弁護士に相談することです。相手は、交渉のプロである保険会社です。個人で交渉すると、相場から程遠い示談金で話をまとめられることもあるのです。相場よりも高い示談金を勝ち取るには弁護士の力が必要なのです。このサイトはこうした交通事故による示談金弁護士について説明します。